インプラント の セカンドオピニオン その②

インプラント の セカンドオピニオン その②

監修:おおたわ歯科医院マキシロフェイシャルインプラントセンター

院長 歯学博士 大多和 徳人

インプラント の セカンドオピニオン (他の歯科医師の見解) シリーズその②です。前回のインプラントのセカンドオピニオンその①が好評でしたのでケースを変えて紹介します。

当院は、「入れ歯以外の治療方法を教えて欲しい」「インプラントの色々な施術方法について教えて欲しい」と セカンドオピニオン を目的に当院に相談に来られる方が沢山います。

この記事では、他院で提案されたインプラント治療のセカンドオピニオンや、他院でうまくいかなかったインプラント治療のやり直しについての実例を紹介したいと思います。2例目。

相談②:昔、インプラントを入れたが上手くいかず、「歯を全部抜いて入れ歯」を提案された。

ザイゴマインプラント 術前
図1:上の歯は全部ぐらぐらで食事のたびに痛みがある

セカンドオピニオンの患者さんです。20年ほど前に、他院で前歯や奥歯にインプラント治療をされたとのことでした。しかし、手術後すぐから、インプラントを施術したはずの部位に痛みがありました。騙し騙し、インプラントを使用するも、痛みは改善しませんでした。しばらくインプラントを使用するとインプラントの歯とネジが脱落してきたとのことでした。その後、何度も再治療を受けましたが、最後には「あなたは入れ歯でしか治療できない」と言われたそうです。

それでは、この患者さんにどんなことが起きたと予想されるのでしょうか?

一つは、上顎の骨が全くなかったこと(物理的な問題)が考えられます。他には、インプラントの施術があまりよくなかったこと(歯科医師の問題)も考えられます。さらには、患者さん自身にも問題(糖尿病・喫煙者・術後感染)があった可能性も考えられます。歯科医師は色々なことを考慮してインプラント施術を成功に導いていかなくてはなりません。

インプラント 治療 に必要な 骨 が足りないから 治療 を 断られた とは?

インプラント や ALL-ON-4 を 断られた 人でもできる ALL-ON-4 ザイゴマインプラント をご存知ですか? より引用

②’ 詳細:他院のインプラントが上手くいかなかった理由を探る

ザイゴマインプラント 術前
図2:上顎に骨が全くないレントゲン

図2はこの患者さんのパノラマレントゲン(全体がわかるレントゲン)です。上顎を見てみましょう。ひょこっと2本生えているのが、被せ物をしている2本の歯になります。これは、図1でも見えています。実は図1では、右上(患者左上)にもう一つ歯が見えています。これは、図2の右上(患者左上)の横向きの歯です。半埋伏という状態です。さらに、図2の左上(患者右上)にはもう一つ横向きの歯が完全に埋伏しています。

ザイゴマインプラント 骨が全くない
図3:(赤)上顎骨 (緑)残っている歯 (紫)嚢胞という病変

図3は図2の拡大図です。もう少しわかりやすくしてみました。赤が上顎骨になります。骨は全くありません。緑が残存歯になります。特に上の2本が横を向いているのが特徴的です。さらに、それを包むように紫の嚢胞ができています。嚢胞があり、鼻腔に近接していることもあり、痛みだったり、鼻詰まりや重たい感じを日々感じているとのことでした。当然ですが、このような上顎骨では、通常は抜歯と即時義歯という選択肢をとるのが一般的と思います。

総義歯(抜歯即時タイプ)

歯 が ボロボロ な時に行われる 治療法 とは?より引用

②”要望:絶対に総入れ歯にはしたくない

入れ歯
図4:総入れ歯のイメージ図

この方の要望としては「絶対に総入れ歯にはしたくない」でした。やはり、理想の自分を20年追い求めてインプラントをされてきたので、同意する部分もありました。総入れ歯には総入れ歯のメリット(シンプル・コスト・衛生面)もあります。しかし、ここまで上顎の前歯部の骨が凹んでしまうと、入れ歯の適合という面でも不利なのは否めません。

②”’所望:1日で治る All-on-4 ザイゴマインプラント

ザイゴマインプラント
図5:骨が全くない方のための治療 ザイゴマAll-on-4 (EZ4)

遠方からの患者さんであることもあり、1日で治療可能な All-on-4 ( オールオンフォー )を所望されていました。この方の場合、上顎のみなので、正確に言うと手術から固定式の歯が装着されるまでで、約「2時間」ほどの処置になります。実際のタイムスケジュールとしては、

初回受診:治療相談、カウンセリング、治療費の確定、精密検査。

次回受診:手術+固定式の歯の装着。約2時間ほどの処置。1日で歯が入ります

次次回以降:抜糸やクリーニングとなります。

②””結果 : All-on-4 ( オールオン4 )による即時再建

ザイゴマインプラント 術後
図6:ザイゴマインプラント術後当日のレントゲン

実際には、重度歯周病のための方のインプラント、Extra Maxillo Zygomatic All-on-4TMで施術しました。この方の場合、病名としては、

#. 重度歯周病

#. 顎堤異常吸収

#. 含歯性嚢胞

#. 歯根嚢胞

#. 上顎過剰埋伏歯

#. 右上顎洞炎

などが挙がります。実は、オールオン4は重度歯周病だけでなく、様々な病気も1日で治療が可能となります。上顎洞炎の症状も併発して悩んでいる患者さんでも「鼻の症状がすっとしました」と言っていただいています。Extra Maxillo Zygomatic All-on-4TMは上顎骨や上顎洞の外側を走行するため鼻に症状がでにくいという特徴もあります。

ザイゴマインプラント 当日 before after
図7:All on 4 ( オールオン4 )による即時再建

このように4本のインプラントと12本分の固定式の歯は当日に入ります。今度は、3ヶ月ほど待って、この固定式の歯をジルコニアブリッジにしていかなくてはなりません。仮歯を本歯にアップグレードしていきます。これにより、割れにくく強い歯にしていくのです。

ALL-ON-4 の 仮歯 から 本歯 ( 上部構造 )が できるまで

All-on-4 の 仮歯 から 本歯 ( 上部構造 )が できるまで より引用

最後までお読みいただきありがとうございました。今回は「インプラント の セカンドオピニオン その②」をテーマに記事を書きました。歯の深刻な悩みをお持ちの方に向けて記事を書いていますが、疑問は解決しましたでしょうか? 皆様のインプラントに関する不安を少しでも軽減できる情報を提供できればと考えています。

本ブログは「双方向」であることをモットーとしています。本ブログ読者からのインプラント、All-on-4、ザイゴマインプラントに関するフィードバックやご質問に、できる限り筆者が記事を書いたり、個別返答でお悩みにお答えすることができます。
※本ブログはインプラント・ザイゴマインプラント専門のブログとなりますのでご了承ください。

著者紹介

大多和 徳人

おおたわ歯科医院

マキシロフェイシャルインプラントセンター

院長 歯学博士
専門分野

重度歯周病 / ザイゴマインプラント

学歴・職歴

  • 九州大学歯学部歯学科卒業
  • 九州大学大学院顔面口腔外科卒
  • 九州大学病院デンタルマキシロフェイシャルセンター勤務
  • 大分岡病院顎顔面外科マキシロフェイシャルユニット勤務

所属学会

  • 日本口腔外科学会所属 認定医
  • 顎顔面インプラント学会所属
  • ICOI(国際インプラント学会)所属 認定医
  • All-on-4 ザイゴマインプラント協会 理事
  • Study Group of the Edentulous Solutions 理事

専門

  • All-on-4 ザイゴマインプラント専門医
  • 九州大学総長賞受賞
    (テーマ: 3Dプリンターによる三次元骨再生)
  • 博士号取得
    (テーマ: カスタムメードチタンメッシュでの骨再生)
  • 国際特許取得
    (主題: All-on-4 のための三次元スキャンボディの開発)

深刻ではない

非常に深刻

(このメッセージは本サイトに公開されません)

(筆者の返信を求める方は必ずご記入ください)

※詳しいご相談はこちらのフォームから承っております。